コロナウィルス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/04/16(金) 07:37:05.97 ID:7xK8ps42a
    こんなんもう無理や

    【GWに白川郷に行こうとウキウキしてた大阪住みワイ、泣く泣くキャンセルする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/04/12(月) 16:15:27.644 ID:ofpVkfdaM
    半年ぐらい我慢した

    【【コロナ】さすがにもう銭湯行ってもいいよな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/04/04(日) 22:17:09.17 ID:Cyf72wPm9
    JR東日本の「コロナダメージ」がハンパない理由
    JR各社が赤字に転落
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛や在宅勤務の浸透、出張の手控えなどの影響を受けた乗客数の落ち込みで、JR各社が赤字に転落した。

    企業は、出張を見直してテレビ会議などに切り替えている。これによって減少した出張費は、コロナが収束しても、元に戻らないだろう。

    仮に企業の出張費が7割以上削減されると、JR東日本の営業利益は、恒常的に赤字になる。鉄道会社は、事業の抜本的な見直しを迫られている。

    新型コロナの影響で、 鉄道各社の業績が大幅に悪化した。なかでも新幹線を抱えるJR各社は深刻な状況だ。

    2020年度(2020年4月~2021年3月)の決算予想で、売上高(営業収益)が大幅に減少し 、これまで黒字だった営業利益が巨額の赤字になった。

    JR東日本(単体)の場合について見ると、図表1のとおりだ。

    no title

    (外部配信先では図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

    売上高は2019年度の2兆0610億円から1兆1720億円となり、本業の儲けを示す営業損益は2019年度の2940億円の営業黒字から5080億円の営業赤字になった。

    利益が急減したのは、言うまでもなく、コロナの影響で乗客が激減したからだ。ただし、それだけではなく、鉄道会社は、売上高の急変動に柔軟に対応しにくい事業構造を持っていることにもよる。

    法人企業統計で日本の全企業の状況をみると、2020年に売上高が3.5%減少し、費用(売上高原価+販売費および一般管理費)が3.7%減少した。つまり、売上高とほぼ同率だけ費用を圧縮した。

    それに対して、JR東日本の場合には、2020年度の売上高が8890億円(対前年度比43.1%)減少したにもかかわらず、営業費は870億円(4.9%)しか削減できなかった。

    これは、鉄道事業は巨大な装置産業であり、固定費の占める割合が大きいからだ。

    減少率が2ケタになっている費用は、人件費と動力費だけだ(図表2参照)。

    no title


    動力費は、運行便数の削減などによるものだろう。それでも、11.6%減でしかない。

    最も減少率が高い人件費は12.2%の減だが、一時帰休等を実施し、雇用調整助成金に頼った面が大きいと考えられる。

    雇用調整助成金の特例措置がなくなれば、このような人件費削減効果はなくなる。

    減価償却は、営業費の19.0%と、きわめて大きな比重を占めている(全産業では2.6%)。そして、設備の増加に伴って増加している。

    では、JR東日本の場合、今後の売上高の変動に対して、利益はどのように変動するだろうか?

    上記のように、雇用調整助成金の特例措置がなくなれば、人件費の削減は難しくなるだろう。そこで、売上高が減少しても、2019年度の値がそのまま続くとした。

    減価償却は、設備が増加すれば増加する。今後どうなるかは、時点にもよるので想定が難しい。ここでは2020年度の値がそのまま続くとした。

    さらに、つぎのように仮定した。

    (1)動力費は、売上高減少率の4分の1の率で減少する。
    (2)修繕費、その他営業費、機構借損料、租税公課は、売上高にかかわらず、2019年度の値から不変とする。

    この仮定のもとで営業損益を計算すると、図表3のようになる。

    no title


    2019年度に対する売上高減少率が13.8%で営業利益がゼロになり、減少率が20%だと、1200億円を超える赤字となる(注)。

    (注)営業収益は、運輸収入とその他からなる。これらは別の要因によって変動するのであろうが、ここでは、両者を区別せず、同率で変動するものとした。なお、2019年度では、運輸収入は、営業収益の87.0%。


    現象ではなく、恒常的に継続する変化であることだ。つまり、構造的な赤字が発生する可能性がある。

    なお、以上では出張旅費のみを考えたが、これ以外の旅行が減ることも考えられる。

    また、コロナ後において在宅勤務が定着し、さらに広がれば、定期券の収入も減少する可能性がある。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19967320/
    2021年4月4日 8時0分
    東洋経済オンライン

    前スレ 2021/04/04(日) 09:38:49.20
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1617496729/

    【【企業】JR東日本の「コロナダメージ」がハンパない理由 JR各社が赤字に転落】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ペラミビル(東京都) [US] 2021/03/24(水) 10:49:59.34 ID:+vZwdaxy0● BE:723460949-PLT(14000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    台東くん☆が好き @kappab00
    アメ横の一部は本当にヤバい
    無法地帯だった
    これじゃコロナ終息する訳ない
    no title

    no title

    【【画像】都民「ヒャッハー!緊急事態宣言解除されたぜー!これで気兼ねなく酒が飲めるぜー!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: すらいむ ★ 2021/03/19(金) 11:43:00.81 ID:CAP_USER
    歩くのが遅い人は「コロナ死亡率が約4倍高くなる」と判明 肥満より高リスク(イギリス)

     コロナ対策には「速歩き」を意識した方が良さそうです。

     イギリス国立衛生研究所(NIHR)は最新研究で、日頃の歩くスピードと、COVID-19(新型コロナ感染症)の死亡率との関連性を調査。

     その結果、歩くのが遅い人は、速い人に比べ、死亡率が実に4倍も高まることが判明しました。

     しかも驚くことに、正常体重で低速歩行の方が、肥満で歩くのが速い人より、コロナの重症化や死亡リスクが高かったのです。

     研究は、2月26日付けで『International Journal of Obesity』に掲載されています。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    ナゾロジー 2021.03.19
    https://nazology.net/archives/85207

    【【ナゾロジー】歩くのが遅い人は「コロナ死亡率が約4倍高くなる」と判明 肥満より高リスク(イギリス) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/03/15(月) 02:52:36.09 ID:C7vKN2ivH
    フィリピンでyoutuberしとるし日本戻ったらフィリピン彼女は飢えるからしがみついてたけど、
    フィリピン政府が狂いすぎてる件について話させてクレメンス

    【フィリピンに4年住んでるが、もうフィリピン政府に我慢できんわ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Yatai45
    1: スタス ★ 2021/02/23(火) 07:37:02.72 ID:3oAX/+x/9
    一番の稼ぎ時が…

    新型コロナウイルスの感染拡大によって、国民の日常生活や企業の経済活動などが制限されて1年以上となる。それは、初詣や花見、夏祭りなどの会場に露店を出して商売をしているテキヤも直撃し、彼らは苦境に立たされているという。暴力団の動向に詳しいノンフィクションライターの尾島正洋氏がレポートする。

    定番のお好み焼きや綿菓子などの露店は初詣スポットに賑わいを添えているが、首都圏で幅広くテキヤの商売をしている指定暴力団幹部は、「今回の初詣は全くダメだった。今後の花見なども見通しは暗い」と話している。

    「毎年、大晦日から正月にかけて神社仏閣の周辺では、初詣客を相手にした商売で年間でも一番の稼ぎ時。しかし、今回の年末年始はコロナ禍の影響で全くダメだった。売り上げは例年の半分以下、3分の1程度となってしまった。そもそも、『密』を避けるために出店数が大幅に制限された。出す露店の数が少ないうえ、客は来ないで参った」

     この指定暴力団幹部によると、
     
    「全国で最も多い初詣客が参拝する東京の明治神宮が大晦日の早い時間に門を閉めてしまって、夜の8時や9時には店に寄ってくれる人がほとんどいなくなった。本来なら客がどんどん来てくれる時間のはず。商売繁盛がいつものことだったのだが…」

     例年であれば、神社仏閣の参道で大晦日は夕方の午後6時ごろから店を開いて夜通し営業をしてきた。

    「大晦日は一晩中、お客さんが来てくれる。元日を迎えてさらに参拝客が増えて、途絶えずにカネを落としてくれる。元日は夜の9時ごろまで寝ずに商売。正月の3日ぐらいまではかなりな稼ぎになる」

     ベビーカステラ、お好み焼きなどの粉ものは、材料のメーンが小麦粉と水のために儲けが大きいという。

    地方に出かけても

    さらに、前出の幹部は、「最も儲かるのは綿菓子だ。製造機さえあれば、材料は砂糖だけ。利益率は非常に高い。ベビーカステラも砂糖の配分をうまく調合できれば、お客さんがついてくれて非常に儲かる」と説明する。

     多くの参拝客が集まる神社仏閣では、各店舗の場所を調整する地域の暴力団に「ショバ代」と呼ばれる出店料をテキヤが払うことになる。

     大晦日から正月3日までの初詣では3~4軒を出すこともあり、売れ行き好調であれば1軒で1日に100万円ほどの売り上げがあるという。

     しかし、「今年は全くダメ。この状態が続けば、やって行けないところもあるのでは」とも明かした。

     今年2月に入って新規感染者の数が減少傾向となり、17日からは先行して医療従事者へのワクチン接種が始まっている。コロナ禍収束の切り札とされているわけだが、この幹部は、「今年は花見も期待できない。恐らく各地で中止だろう。ワクチン接種が始まったといえども、国民全体に行きわたるのはまだまだ先のこと。花見シーズンも稼ぎ時だが、昨年に続き今年も話にならないのではないか」と肩を落とす。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e037d92357c44254b13f4d53c53645b342d21e1
    2/23(火) 5:59配信

    【【露店】暴力団幹部「初詣も花見も祭も…助けて…この状態が続けばやっていけないところも出てくる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/02/23(火) 16:14:41.253 ID:BESocEzOa
    こういう頭緩みきったバカに触発されて他の奴らまで自粛をやめてしまうリスクがあるのが分からないのかな
    緊急事態宣言解除までは自粛を徹底しろよ
    100兆歩譲って外出したとしてもSNSあげんな、言うこと聞けませんアピールとか痛々しい
    死ねば良いのに

    【バカ「緊急事態宣言出てるけどキャンプ来た!外だしいいっしょ!SNSあげとこ!」←死ね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ロドスピリルム(富山県) [RU] 2021/02/18(木) 17:29:15.41 ID:cXYubwMA0● BE:842276331-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/miyabi.gif
    居酒屋が客から勝手に「感染症対策料」を徴収し始めた! 気を付けろ、レシートを確認しない者は搾取される!?

    「飲食店で“感染症対策料”を徴収された」とする証言がSNSを中心に広がっています。そのやり口に、ネット上で「飲食が大変な
    のは分かるけど…なんかモヤモヤする」「客の同意を得ずに徴収したら詐欺やろこれ」といった声が寄せられていました。

    14日、とある居酒屋店で食事をしたという人物が『なにこの感染症対策料?! 誰からも言われてないしメニューにも無いしホーム
    ページにも無いし店員の説明も無いし本当に一生行かない』とつづり、レシートの写真を投稿しました。そこには確かに「感染症
    対策料」といった文字が印字され、計60円が徴収されているのが確認できます。

    しかし、投稿者は気が付かなかったようですが、店舗の入り口には『衛生消耗品購入等の感染症対策費として、おひとり様30円(税
    込み)徴収させていただきます』とつづられた貼り紙が掲示されていたとのこと。

    とはいえ、店員からきちんとした説明もなく、入り口の掲示に気が付かなかなければ、「知らないうちに取られていた」と感じる
    客が出てしまうのも必然です。実際、この投稿の他にも「勝手に“感染症対策料”が徴収されていた」といった内容の証言がいく
    つか見受けられ、少額ではあれどそのやり口に不満の声が上がっているようです。

    これらの証言に、ネット上では「ついに感染症対策料取るお店出てきたか…」といった声をはじめ、

    「飲食が大変なのは分かるけど…なんかモヤモヤする。ちゃんとレシートの明細、チェックしよ」

    「これは入店前や注文時にちゃんと“当店は感染症対策料を頂いていますがよろしいですか”と聞かないとダメだと思う」

    「客の同意を得ずに徴収したら詐欺やろこれ」

    「コロナ対策には県から対策費が出てるから完全にアウトだよね…?」

    「こんな悪どい飲食店が出て来たのか。大変なのは分かるが、こんな事されちゃ、ますます外食しなくなるよ。自分で自分の首絞
    めちゃってるよ」

    「少額だからと妥協しているとますますつけあがるぞ」

    といった声が寄せられていました。

    “感染症対策料”を徴収すること自体の是非はともかく、貼り紙を全席に掲示するなり説明を徹底するなりしなければ、今後も客
    の反発は増える一方なのではないでしょうか。
    https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_41747/

    画像
    no title

    no title

    no title


    パクリ系外食大手のモンテローザ

    魚民(和民のパクリ)
    山内農場(塚田農場のパクリ)
    目利きの銀次(沖縄の目利きの銀次のまんまパクリ)
    すしざむらい(すしざんまい)
    カミナリステーキ(いきなりステーキ)

    【【炎上】居酒屋チェーン魚民、客から感染対策料を徴収し炎上wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: シトファーガ(茸) [US] 2021/02/15(月) 19:20:16.71 ID:x4bsNqlf0 BE:668024367-2BP(1500)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    大阪・ミナミの黒門市場、春節迎えるも消える中国人客で売上激減

     12日午後、大阪・ミナミの黒門市場。昨年のこの時期はキャリーバッグを手に買い物を楽しむ中国人観光客でにぎわったが、今年は一転して客足はまばら。シャッターが閉まった店も目についた。「昨年と比べて売り上げは1割未満。お客さんが戻るまで店が持つかどうか」。マグロ専門店「まぐろや黒銀」の取締役、木下信代さん(75)は肩を落とす。

     呉服店と土産店を経営する宮本敏男さん(78)は「商売を日本人から外国人向けに切り替えたことが裏目に出ている」。廃業や休業を余儀なくされた訪日客頼みの店も出ているが、「お店を閉めると活気も魅力もなくなる。黒門全体で我慢して何とか客足を取り戻したい」と話した。

     春節の時期、中国では1週間程度の連休となり、例年は延べ30億人が移動する。連休に合わせた海外旅行も定着し、日本は人気旅行先の一つだった。

     ただ今年の春節前後の40日間に移動する人は、新型コロナ流行前の一昨年と比べ、6割減の11億5200万人になるとの報道がある。

     観光を理由とした入国は認められておらず、観光庁の担当者は「春節の時期でも、観光を目的とした訪日客はゼロに等しいだろう」との見方を示した。

     関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)は政府の水際対策について「新規の感染を防ぐ一定の効果を見せている」と評価。
    「ただ、この状況が続くと経済への打撃が大きくなる。感染状況を見て、国ごとに出入国を許可するなど、臨機応変に対応する必要がある」と述べた。

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/210215/bsm2102150627001-n1.htm

    貧民ジャップの犠牲者がここにも…

    【黒門市場「中国人が消え天国から地獄に落ちたみたい。お客様が戻るまで店が持つかどうか…」】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ