アウトドアまとめちゃん

キャンプや登山、アウトドア関連のまとめサイトです。

    科学

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vdsf
    1: しじみ ★ 2020/07/21(火) 07:54:22.04 ID:CAP_USER
    1881年、エジプトの都市ルクソールにて、古代エジプトの王墓が発見されました。

    そこには、第21、22王朝時代(BC1069〜730頃)の王族のミイラが安置されており、墓荒らしから守るために隠したものと思われます。

    その中に「叫ぶ女のミイラ(The Screaming Woman Mummy)」と呼ばれる、一風変わった奇妙なミイラが見つかりました。

    古代エジプトのミイラは普通、来世の復活のために丁寧に安置処理されますが、この女性は断末魔の叫びを留めたような表情と固くねじれた身体のままミイラ化されていたのいたのです。

    王族と思われるミイラがなぜこのような状態で安置されたのか、これまで大きな謎となっていました。

    しかし、カイロ大学の最新研究により、女性は心筋梗塞に伴う激しい痙攣を起こしていたことが判明しています。
    https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30888876-8534593-image-a-4_1595008351980.jpg
    https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30888878-8534593-image-a-3_1595008345418.jpg

    ■もう一体の「叫ぶミイラ」

    実は、まったく同じ場所でもう一つ別の「叫ぶミイラ」が見つかっていました。

    このミイラについては、以前の調査により、第20王朝の王子ペンタウア(BC1173〜1155)と特定されています。

    ペンタウアは、実父であるラムセス3世殺害に共謀した罪で、首吊りによる自殺を強制されました。

    彼の遺骸は不浄なものと見なされ、王族であるにもかかわらず、正式な防腐処理がなされず、羊の皮で巻かれただけでした。

    その悲壮な最期は、ペンタウア自身の表情が物語っています。
    https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30888882-8534593-image-a-1_1595008292506.jpg
    https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/30888880-8534593-image-a-2_1595008303984.jpg

    続きはソースで

    https://nazology.net/archives/64940

    2: 名無しのひみつ 2020/07/21(火) 08:00:11.66 ID:ru+MtuvS
    >>1
    グロ
    閲覧注意て言っとけ

    3: 名無しのひみつ 2020/07/21(火) 08:01:37.14 ID:jFad5eWp
    これでグロとか言うのは弱すぎる

    86: 名無しのひみつ 2020/07/22(水) 01:26:17.14 ID:0ZuB4RrC
    >>3 評価する。
    すべての人間の表情は、己の表情でもあるから、
    敬意をもって接していくのが人の道。

    【【研究】3000年前の古代エジプトの「叫ぶ女のミイラ」の死因が判明! CTスキャンにより死の直前の様子が明らかに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 暇人倶楽部 ★ 2020/04/21(火) 06:06:36.40 ID:R8tJ2sQt9
    過去の研究により、腸が人の感情や気分に与える影響は「第2の脳」と形容されるほど大きいことが分かっています。さらに、マウスの胃に直接エサを注入して摂食行動が味覚の影響を受けないようにした実験により、内臓が脳と連携して何を食べるかを決定するメカニズムの詳細が明らかになりました。

    ポルトガルのシャンパリモー診療センターの神経学者であるアルビーノ・オリベイラ・マイア氏によると、動物が食べ物を摂取した後の反応は大きく分けて2つに分類されるとのこと。1つ目は「食べている最中」のもので、これはその食べ物が安全なのか危険なのか判断するプロセスです。

    そして、2つ目が「今後は何を食べるべきか」を判断する上で重要な学習プロセスで、オリベイラ・マイア氏はこれを「摂取後の学習」と呼んでいます。既に消化してしまった食べ物がどんな味だったのか確かめる方法はありませんが、オリベイラ・マイア氏は何らかの仕組みにより肉体が食べ物の栄養価を評価することで、個人の食べ物の好みに大きな影響を与えていると考えました。

    そこで、オリベイラ・マイア氏らの研究グループは、「摂取後の学習」の影響を検証すべく、マウスを用いた実験を行いました。この実験では、マウスに2つのレバーを示し、マウスが片方のレバーを押すと「高カロリーなエサ」を、もう片方のレバーを押すと「低カロリーなエサ」を与えるようにします。また、エサを与える際はマウスに食べさせるのではなく、マウスの胃にエサを直接注入して、マウスが味を感じることができないようにしました。

    実験の結果、味覚でエサを味わうことができない状況だったにもかかわらず、マウスが高カロリーなエサのレバーを押す可能性は明らかに高かったとのこと。これは、マウスのエサの好みが「味覚ではなく内臓による栄養価の評価」で決められたことを意味しています。

    研究グループは次に、具体的にどの内臓が栄養価を評価しているかを検証しました。オリベイラ・マイア氏らが特に注目したのが、肝臓です。これまでの研究により、腸と脳が連絡を取り合っていることはよく知られていますが、肝臓に注目した研究はほとんどありませんでした。そこで、研究グループがマウスの体内をめぐる迷走神経のうち、肝臓と脳を接続する部分を損傷させたところ、予想どおりマウスは「摂取後の学習」を行うことができなくなったとのことです。

    オリベイラ・マイア氏はこの結果について「腸は消化している食べ物の栄養価について十分な情報を持っていませんが、肝臓は大腸から流れてきた血液をろ過して栄養素を蓄える重要な役割を持っています。つまり、肝臓は肉体を代表する栄養センサーとして機能するのに絶好のポジションについているわけです」と話しました。

    さらに、研究グループが脳のドーパミン神経の働きを調べたところ、肝臓と脳をつなぐ迷走神経が損傷したマウスでは、ドーパミン神経の反応が鈍いことも判明しました。

    これらの結果について、論文の共著者であるルイ・コスタ氏は「例えば、甘い菓子を舌で味わった時にもドーパミン神経が脳の報酬系に作用することが分かっています。今回の研究により、食べ物が内臓に到達した時にもドーパミン神経が活性化し、これにより食べ物を求める行動が促されることが明らかになりました」と述べて、内臓は味覚と同様のメカニズムで食べ物の好みに影響を与えているとの見解を示しました。

    また、オリベイラ・マイア氏は「今回の研究だけで何かを判断するのは早計ですが、ドーパミン受容体と肥満の関係を示唆する今回の発見は、摂食障害の理解を深めるのに役立つと考えています」と話しました。

    https://gigazine.net/news/20200419-brain-gut-food-choice/
    no title

    【【研究】内臓も味覚のように「食べ物を評価している」ことが判明 何を食べるべきかの判断にも影響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/03/26(木) 14:25:59.09 ID:CAP_USER
    →温かさを感じる神経は存在しない
    →存在するのは、どれだけ冷たいかを感じる神経と、火傷レベルの熱を感知する神経だった
    →対になる感覚を片方の神経に任せることは理にかなっている

    古くから、人間の手足が寒暖を感じるのは、温かさを感じる神経と冷たさを感じる神経の2つがあるからだと信じられてきました。

    近年の研究でもこの説は支持されていましたが、一部の研究者はこの平穏な結果に不満でした。

    というのも、手足における冷たさを感じる神経の感度があまりにも強すぎて、温かさを感じる神経をほぼ圧倒していたからです。

    保守的な研究者はそれでも、氷河期を何度も経験した哺乳類にとって、冷たさを感じる神経が優勢なのは仕方がない、と考えていました。

    しかし今回、前衛的なドイツの研究者たちによって「手足では、冷たさを感じる神経が優勢なのではなく、そもそも冷たさを感じる神経しか存在しない」とする研究結果が提示されました。

    実験結果が本物なら、これまで私たちが感じてきた「暖かさ」や「温もり」とは何だったのでしょうか?

    研究内容はマックスデルブリュック分子医学センターのリカルド・パリシオ・モンテシノス氏らによってまとめられ、3月23日に神経学分野において権威ある学術雑誌「Neuron」に掲載されました。

    The Sensory Coding of Warm Perception
    https://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(20)30186-0#

    続きはソースで

    https://nazology.net/archives/54971

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2020/03/26(木) 14:29:38.39 ID:nnzhPrEa
    >>1
    医学生理学の連中がいかにいい加減な仕事しかしていなかったかがよくわかる話だな。

    【【研究】「温かさを感じる神経細胞は存在しない」という衝撃的な事実が判明】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ