バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Pマン(東京都) [US] 2021/04/09(金) 11:43:00.71 ID:9RRLPnvU0 BE:279771991-2BP(1500)
    sssp://img.5ch.net/ico/tarako2.gif
    ネット小説が商業出版され、コミカライズを経てアニメ化される。現在のテレビアニメの幾つかは、このような経緯をたどって生まれた作品である。
    そのひとつが、4月7日から放送が始まったテレビアニメの原作となった、トネ・コーケンの『スーパーカブ』シリーズだ。
    物語の舞台は、山梨県北杜市。主人公は高校2年生の小熊という少女だ。父親は小熊が生まれて間もなく事故で死亡。母親は小熊が高校に進学すると、お役御免とばかり失踪した。
    親族との縁は薄く、奨学金の給付を受け、ひとり暮らしをしながら高校に通っている。友人もなく、趣味もない。毎日を無味乾燥に生きている。

    だが、そんな自分に気づいた小熊は、中古のホンダ・スーパーカブを手に入れる。
    1958年に発売されて以来、その頑丈さと使い勝手のよさで、世界中を走っている小型オートバイだ。総生産台数は一億を突破し、熱烈な愛好家も多い。
    これがきっかけになり、小熊の生活は徐々に変わっていく。会社社長の娘で、成績が上位でスポーツも優秀なクラスメイトの礼子から声をかけられたのだ。
    礼子は、郵便配達員が乗っていることで郵政カブと呼ばれるホンダMD90に乗っていた(後にハンターカブ)。
    カブを通じて、なにかと一緒に行動することが増えた小熊。また、カブ関係に使う金を稼ぐために、バイク便のアルバイトも始めるのだった。
    スーパーカブに乗って、どこまでも行けると思う、小熊の世界は広がっていく。

    というのが第1巻の簡単な粗筋だ。たしかに小熊の生活は、スーパーカブを手に入れたことで色づくが、特別なことが起こるわけではない。
    遠くまで行けることの喜びや、ガス欠の苦しみなど、地道でリアルな描写が積み重ねられていくのだ。
    郵政カブで富士山にアタックする礼子の方が、よっぽど主人公らしい行動をしている。

    https://realsound.jp/book/2021/04/post-737703.html
    no title

    no title

    2: Pマン(東京都) [US] 2021/04/09(金) 11:43:28.59 ID:9RRLPnvU0

    【スーパーカブ、ハンターカブ、プレスカブ、ポストカブ、リトルカブ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/04/07(水) 19:01:22.747 ID:zNsa4MPba
    お陰で恥かいたわ

    【ワイ、AKIRAを見てバイクはバックできるものと勘違いする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/31(水) 17:23:39.558 ID:q9dsJJPba
    まじで終了するの?

    【SR400が生産終了とか悲しいんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8900316B3019070600100
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/20(土) 11:17:45.470 ID:Thh0Dhwp0
    四輪だから馬鹿でも乗れるよね?ww
    死にかけの爺婆でも運転可能なお子様向けシティコミューターwwww

    煽りじゃなく心底ワロタwwww

    2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/20(土) 11:18:44.823 ID:qTF4ZAw60
    隼乗れない貧乏人じゃん

    4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/20(土) 11:20:15.505 ID:Thh0Dhwp0
    >>2
    ブサ?
    まあ悪くいバイクだよね
    お前はうんこだけどwww

    【【バイク】250ccバイク乗り俺、車カス全般を哀れに思うwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: シャチ ★ 2021/03/18(木) 21:05:59.05 ID:HhCKrAGl9
    ホンダはビジネス用電動三輪スクーター「ジャイロ e:」を発売する。交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」を使用する。

     本田技研工業は3月18日、ビジネス用電動三輪スクーター「ジャイロ e:」を発表。法人向けに3月25日に発売する。
     
     原付一種(第一種原動機付自転車)電動三輪スクーター。三輪ならではの荷物運搬時の低速走行や旋回時の安心感ある走りに加え、地面と平行で低床の大型リアデッキや、狭い場所や傾斜地での切り返しなどでの利便性を高める後進アシスト機能を採用。
     
     高効率を追求した駆動電流の制御技術を採用し、1充電あたりの走行距離は72km(30km/h定地走行テスト値)を実現。電源として「ベンリィ e:」と共通の「Honda Mobile Power Pack」を2個使用し、96V系直流電流を三相交流に変換してモーター(定格出力0.58kw)を駆動。交換式バッテリーパックにより、充電済みのバッテリーを用意すれば充電を待つことなく走行が可能になるほか、専用充電器を使えばゼロの状態からおよそ4時間で満充電となる。
     
     本体色は「ロスホワイト」と「ファイティングレッド」の2カラーを用意。価格は55万円。


    3/18(木) 17:40配信 アスキー
    https://news.yahoo.co.jp/articles/67c1ce2b7472b77f35487cd1c7506456879480c6
    画像
    no title

     

    【【バイク】ホンダ、電動スクーター「ジャイロ e:」を発表 価格は55万円 配達などビジネス用途 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_intro
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/03/10(水) 10:21:22.574 ID:dj7xipRR0
    ホンダがレブルとpcxで食いついて
    ヤマハが空気で
    スズキがVスト250以外死んでる現状だよな

    【バイクって現状カワサキ一強だよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/03/08(月) 22:09:59.25 ID:fRc1MgKY0
    no title


    かっけえ…

    【【画像】木村拓哉さん(48)が愛車のバイクを公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_9370


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/12(木) 21:01:25.089 ID:2+CR63TT0
    デコボコに足取られてバランス崩してガッシャーンって言ってもうた

    【バイクでキャンプ行ったら荷物重すぎてキャンプ場でこけた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ロドシクルス(北海道) [GB] 2021/02/18(木) 16:29:22.75 ID:jUMtsugn0 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    川崎重工業(カワサキ)が2020年9月に発売したスーパースポーツバイク「Ninja ZX-25R」が、約4カ月で年間販売目標を超える5400台を受注し、同社の軽二輪シェアを倍増させた。13年ぶりに「250cc・4気筒エンジン」を開発し、大型バイク向けの機能を惜しみなく注ぎ込む高級路線で、シニア層と若者の両方を捉えた。その開発戦略を聞いた。

    no title


    走行性能を重視した硬派なデザインのオートバイを多数ラインアップすることで、かつては「男カワサキ」「漢カワサキ」と言われた川崎重工業(カワサキ)。国内二輪車市場では、ホンダ、ヤマハ発動機、スズキに次ぐシェア4位が指定席だったが、2020年9月に発売した「Ninja ZX-25R」(国内販売はカワサキモータースジャパン)が軽二輪(126~250cc)としては異次元の売れ行きを見せている。

    https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00316/00046/

    【カワサキのバイク事業が「異次元の絶好調」だと発表、ニンジャとコロナ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/02/17(水) 17:36:49.221 ID:Qoct1a1s0
    no title

    【【速報】ハンターカブに新色、オタクが好きそうな完全に軍用カブ】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ