アウトドアまとめちゃん

キャンプや登山、アウトドア関連のまとめサイトです。

    京都

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 20/09/08(火)15:43:30 ID:sTO
    川端康成が50年前にホテルオークラから画家に描かせた京都の街並み
    no title


    現在の同じ場所
    no title

    【【悲報】京都さん、古都でもなんでもなくなってしまう・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    paseo-daigoro
    1: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 15:08:47.53 ID:z3XZ9/aB0
    あんまり語られないけど
    ヤンキーとか多そう

    2: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 15:09:20.97 ID:WlqqNyr3M
    悪いよ、南は

    3: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 15:09:32.06 ID:z3XZ9/aB0
    >>2
    京都市周辺の話や

    4: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 15:09:40.12 ID:a5CkPCec0
    市内以外は京都ではないので…

    8: 風吹けば名無し 2020/08/25(火) 15:10:31.12 ID:z3XZ9/aB0
    >>4
    京都市の話をしとるんやぞ

    【京都って何気に大阪より治安悪くない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2) (25)

    1: 風吹けば名無し 2020/08/10(月) 15:52:10.80 ID:KUgDVNQzM
     9日午前10時50分ごろ、京都府宮津市島陰の越浜海岸沖合約10メートルで、福知山市の男性(28)が、ロープで遊具をつないでいた水上バイクから投げ出され、右腕を切断する重傷を負った。

     宮津海上保安署の調べでは、男性は一緒にいた父(53)からバイクの運転を代わり、ロープをたぐり寄せた際にバイクが急発進したという。
    同署は、男性の腕がロープに絡まったとみて原因を調べている。

    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/326318

    【【恐怖】京都の男性、父親と水上バイク中にロープに腕を切断される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    images (2) (22)

    1: 風吹けば名無し 2020/08/08(土) 05:06:12.94 ID:mPhvBNRp0
    やっぱ京都生まれって君らの土地じゃそんなに「ブランド」とかあったりするんか?

    2: 風吹けば名無し 2020/08/08(土) 05:07:21.19 ID:CAOXV2mH0
    友達になりたくない都道府県1位やんw

    【ワイ「一応、京都出身です(^^)」他都道府県民「凄い!京都好き!修学旅行で行った!苗字かっこいい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2019/12/30(月) 06:43:33.02 ID:L/o7Tmhd9
    訪日観光客の人気が続く京都市では、観光公害(オーバーツーリズム)の問題が深刻になってきた。祇園では地元の自治組織が写真の無許可撮影禁止の呼び掛けを開始。市は富裕層誘致による「量より質」の観光戦略を打ち出す。市中心部ではホテルが増加し地価が高騰、オフィス不足が深刻化している。周縁部の一部地域で建物の高さ規制を緩和することなどを盛り込んだ都市計画を決定した。

    芸舞妓(げいまいこ)を無断で撮らないで――。観光客による迷惑行為の増加に悩む京都・祇園で、地元の自治組織が2019年10月下旬から写真や動画の無許可撮影の禁止を呼び掛け始めた。海外客にも分かりやすいイラストと文字の立て看板とポスターで周知。強制力はないが、撮影マナー違反の抑止効果を狙う。

    対象エリアは祇園の目抜き通りである花見小路通を中心とした祇園町南側地区一帯の私道内。景観の保全に取り組む祇園町南側地区協議会が実施する。撮影する場合は協議会の許可を得るよう求める。私道の入り口にポスターを張り、公道との境目を分かりやすくする。

    祇園は伝統的な木造家屋や石畳の風情が人気で、京都市を訪れる訪日客の4割が観光するとされる。近年、芸舞妓を無理やり追いかけたり店の敷地内に踏み込んだりする迷惑行為が増加。周辺の店舗から「風情ある雰囲気が壊され常連客の足が遠のく」との声も上がっている。京都市などは同9月末から観光客にスマホのプッシュ通知でマナーを周知したり、巡視員が注意したりする取り組みを始めた。

    京都市や観光協会などは富裕層の誘致に力を入れる。同9月30日の「海外富裕層受入体制強化のための人材育成セミナー」には、当初の定員の2倍にあたる約120人の宿泊業者や観光業者などが集まった。

    個人旅行のコンサルティングを手掛けるリージェンシー・グループ(東京・港)の沼能功会長兼社長は「普段は入れない本物の場所や物について丁寧に文化背景まで説明する。良い意味で特別扱いすることが必要」と指南。3~4泊で500万円近く消費する海外富裕層もいるといわれ、参加者からは「想像以上にハイクラスな観光客がいる。受け入れの仕方を考えないと」との声が聞かれた。

    京都市は16年度に海外富裕層誘致に向け7自治体が設立した「日本ラグジュアリートラベルアライアンス」の中心メンバー。客数ではなく消費額を重視する戦略を進める。誘致活動が奏功し、東山の「パークハイアット京都」や金閣寺近くの「アマン京都」など高級ホテルの開業が相次ぐ。

    ただ、市中心部ではホテルが乱立。オフィスを取り壊してホテルが建つ一方で、大型オフィス向け不動産ビルの新設は11年以降は途絶えたままだ。「空き室が出次第、事前に不動産事業者に要望を伝えて待ち構えていた企業に回すため、市場には空き室は出回らない」(市内不動産事業者)という。

    オフィス不足に対応するため、京都市はJR丹波口駅西側で建物の高さ規制を緩和。敷地面積が1000平方メートル以上など一定の条件をクリアした事務所と研究施設を対象に、規制の上限を6階建て程度となる高さ20メートルから9~10階程度の31メートルまで引き上げた。

    このほか一部地域の容積率緩和も盛り込んだ。JR二条駅の西側から西大路通までの御池通沿いのほか、京セラや任天堂の本社などが集積する京都駅南側の「らくなん進都」、京都先端科学大学のキャンパスにほど近い葛野大路通沿いなどが対象となる。

    用地が不足し景観保持も重視される市中心部での開発が難しいなか、市は周縁部の高度利用を模索する。丹波口駅や二条駅、京都駅南部は京都駅からも高速道路の出入り口からも近い。地価は市内で最高値の四条通一等地の1割に満たない場所もあり、割安感もある。まとまった広さを確保できるため研究開発拠点の候補地にもなり得る点をアピールする。

    「『周辺部でもオフィスを構えたい』という需要がどの程度あるのか見込みづらく、収益性を考えると二の足を踏む」(大手業者)といった声もある。京都が誇る景観への影響を最小限に抑えながら、オフィスを呼び込む取り組みが実を結ぶか注目される。

    2019/12/30 2:00 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53940140X21C19A2LKA000/

    【【オーバーツーリズム】「観光公害」への対応が課題  京都市、富裕層誘致による「量より質」の観光戦略を打ち出す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: イータ・カリーナ(東京都) [US] 2019/12/26(木) 19:29:34.69 ID:4BIl/DH60 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    「部屋が取れない。取れても高くて泊まれない」などと言われてきた近年の京都であるが、実は日本人宿泊数はここ数年、毎年数%ずつ減少し続けている。
    あの京都から日本人観光客が減った理由とは?

    社会学者の中井治郎氏による、京都を襲う「観光公害の今」を明らかにした新書『パンクする京都?オーバーツーリズムと戦う観光都市』から一部抜粋して、お届けする。

    いつもはいけ好かない京都人が、得意のいけずも通じない観光客の大群に困り果てる様子に留飲を下げたい!?
    そんな「京都ぎらい」が、読者のなかにいないとも言い切れないが、そんないじわるな読者のためにも、ここで1つ重大なタネ明かしをしておかなくてはいけない。
    京都の観光客の数は、実は「いうほど増えてへん」のである。

    観光客の引き起こすさまざまな問題に京都の市民が悲鳴を上げるオーバーツーリズム的状況が大きく問題化されるようになってきたのは、2015年前後からであるといわれている。
    しかし京都を訪れる観光客数が5000万人を突破した2008年以降、その数がピークを記録した2015年でも5600万人ほどなのである。
    しかも、その後は減少傾向にあって2018年には5275万人まで数字を下げている。

    なぜ京都の観光客は増えていないのか

    つまり観光客数は「いうほど増えてへん」うえに、近年ではむしろ減りつつあるのである。ではなぜ、前回、前々回と紹介したように、
    京都のオーバーツーリズム(観光公害)は深刻化したのだろうか。

    そのカラクリにおいて重要なことは「量」ではなく「質」への着目である。つまり、「どれくらいの人が京都に来ているのか?」ではなく、
    「どんな人が京都に来ているのか?」という視点だ。

    京都における観光産業の主役だったのはもちろん日本人観光客だった。この日本人観光客が減っているのだ。
    例えば、お宿バブルといわれ「部屋が取れない。取れても高くて泊まれない」などといわれてきた近年の京都であるが、
    実は日本人宿泊数はここ数年、毎年数%ずつ減少し続けており、とくに主要ホテルの日本人宿泊者数は2018年には9.4%も減少したという。

    全文
    https://toyokeizai.net/articles/-/315491

    11: はくちょう座X-1(新日本) [ヌコ] 2019/12/26(木) 19:32:51.24 ID:yoq6Z1Pu0
    >>1
    >「部屋が取れない。取れても高くて泊まれない」などといわれてきた近年の京都であるが、
    実は日本人宿泊数はここ数年、毎年数%ずつ減少し続けており

    部屋が取れないんだから
    減少するのは当たり前だろ

    【京都で日本人観光客の減少が止まらない理由】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ