1: チンしたモヤシ ★ 2019/02/07(木) 07:26:10.65 ID:htTUXlN09
新種の草食恐竜発見、背中に長く鋭いとげの列 パタゴニア
AFP 2019年2月5日 11:50 発信地:ブエノスアイレス/アルゼンチン [ アルゼンチン 中南米 ]
http://www.afpbb.com/articles/-/3209673

アルゼンチン・ブエノスアイレスに展示された、パタゴニアで発見された新種の草食恐竜Bajadasaurus pronuspinaxの復元模型(2019年2月4日撮影)。(c) Juan MABROMATA / AFP
no title

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/3/810x540/img_93d19ba794080679c9d2d57e2aa1919b200038.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/a/810x540/img_ba1d196034218fa5474fa580494b8603163985.jpg
復元模型を触るパブロ・ガリーナ氏
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/8/810x540/img_b821e8b36c5619ce8c2aabc6c79993d9196516.jpg
復元模型
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/f/810x540/img_8f9fa307852a2a1c88f797b7ae4495d6219519.jpg
新種の草食恐竜Bajadasaurus pronuspinaxの説明をするパブロ・ガリーナ氏
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/2/810x540/img_9291b398cd167131ceafde79fb19e509131439.jpg
復元模型の仕上げをする専門家
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/d/810x540/img_edf7eb43f18da4b209eef33e418529b0171113.jpg
復元模型
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/f/810x540/img_9f931ffd85c263edc67082c92c2b75b5147219.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/b/810x540/img_5b1004ddac153cdf6b0b7556115022b1173514.jpg

 【2月5日 AFP】アルゼンチンのパタゴニア(Patagonia)で、1億4000万年前に生息していた、背中にとげが並んだ新種の草食恐竜の骨格が見つかった。英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された。

 Bajadasaurus pronuspinaxと名付けられたこの恐竜は、ディクラエオサウルス科(dicraeosauridae)に属し、背中のとげで捕食者を追い払っていたという。

 とげの並んだ首の部分を復元した模型が、ブエノスアイレスの科学館に展示されている。

 アルゼンチン科学技術研究委員会(CONICET)とマイモニデス大学(Maimonides University)で研究助手を務めるパブロ・ガリーナ(Pablo Gallina)氏は、「首と背中には、非常に長くて細い、鋭いとげがあったと考えている」と述べ、「とげは、骨がむき出しになっていたか、皮膚で覆われているだけだったとみられる。このため、他の動物から攻撃されれば一撃で砕けてしまったと思われる」と続けた。

 Bajadasaurusは四足歩行で、南米大陸に生息していた。広くは、三畳紀後期から白亜紀後期(約2億3000万年前~7000万年前)に生息していた竜脚下目に属する。骨格はブエノスアイレスから南に約1800キロ離れたネウケン(Neuquen)州で発見された。

 この辺りは、1993年に発見された、知られている肉食恐竜で最も大きいギガノトサウルス(Giganotosaurus carolinii)が生息していた地域でもある。ギガノトサウルスは白亜紀後期に生息していたと考えられており、Bajadasaurusを捕食していた可能性がある。

 CONICETは、Bajadasaurusのとげは体温を調整したり、異性を引き付けるために使われた可能性があると説明している。また、とげの間には肉質のこぶがあった可能性があり、ラクダのこぶと似た役割を果たしていたという。

 CONICETは、「研究によると、この恐竜は主に地上に生えた草を食べて暮らしていた。目は顔の上の方についており、周囲で起こっていることをよく見渡せた」と説明している。(c)AFP

17: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 08:39:30.39 ID:zbIammVi0
>>1
地上じゃなくて水中の動物じゃないのか?

3: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 07:27:05.37 ID:4gmV5KY70
こわ、

4: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 07:34:58.76 ID:tEZENGk70
俺は恐竜なんかいなかったと思う
化石は今地底で生活してる地底人が地上で暮らしてた時に創作したプラモデルだと思う

5: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 07:40:20.86 ID:g7XCQBKo0
>>4
そしてお前はその地底人に操縦されてるラジコン

6: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 07:42:06.69 ID:gPlic0jD0
アマルガサウルスがもうすでに知られてるから見た目ほどのインパクトはないな

SPONSORED LINK

18: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 09:09:49.11 ID:1/iNL2BP0
>>6
アマルガサウルスに似たやつかと思ったらその通りだったな。

34: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 10:53:45.26 ID:rhcSn52F0
>>6
なんだ新種じゃないやん

7: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 07:43:14.51 ID:l7+f+7Sz0
へー
また変わっているな

8: (。・_・。)ノ ◆jN6K3cbEWjLT 2019/02/07(木) 07:46:39.52 ID:X5jPo8wW0
草食恐竜が本当に草木だけ食べてこんなに進化できるなんてスゴい
(´・ω・`)

9: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 07:47:08.76 ID:L9wTAzLr0
つけま

12: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 07:50:59.27 ID:VuPQLrLw0
俺はモンベル派

16: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 08:20:35.07 ID:voQfUAWm0
ステゴサウルスの進化した種族?

24: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 12:54:31.60 ID:zaiTEGrP0
骨なの?
折られたら大怪我じゃん。
造形に問題があるから滅んだのだ恐竜は

26: 名無しさん@1周年 2019/02/07(木) 14:15:38.86 ID:uJRdtzAK0
でもこれだけ綺麗に残ってるってことは砕けることは少なかったということかな?

32: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 10:43:42.70 ID:LWsMMOAi0
恐竜の化石はよく見つかるのに、人類の祖先の旧人や猿人の化石はめったに見つからない
それだけ長いこと恐竜が栄えて化石が大量にあるということなんだろうな
中世期が何億年続いたわけだから
人類の祖先が生まれて何百万年程度では化石が少ないのだろう

33: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 10:49:12.70 ID:mxmFLidD0
インコ見てるとやっぱりこいつら恐竜がルーツだわ、と思う

35: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 12:27:11.06 ID:7EF9kcds0
首がガッツリ残ってるのに体は無いのか?

引用元: ・【科学】新種の草食恐竜発見、背中に長く鋭いとげの列 パタゴニア(写真) アルゼンチン

スポンサードリンク