1: すらいむ ★ 2021/02/18(木) 20:33:11.09 ID:CAP_USER
ジョーズと同サイズ!? 偶然から「史上最大級のシーラカンス」の化石を発見

 史上最大級のシーラカンスの化石が、偶然発見されました。

 イギリス・ポーツマス大学は、一般のコレクターから依頼されていた、翼竜の頭蓋骨と思しき化石を調査。

 その結果、翼竜ではなく、シーラカンスの肺周辺の骨と判明しました。

 しかも、そのサイズから全長を推計したところ、現代のホオジロザメと同等の約5メートルに達するとのことです。

 研究は、1月23日付けで『Cretaceous Research』に掲載されています。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ナゾロジー 2021.02.17
https://nazology.net/archives/83236

【【古生物学】ジョーズと同サイズ!? 偶然から「史上最大級のシーラカンス」の化石を発見】の続きを読む