1: 戸越銀次郎(東京都) [ニダ] 2020/04/28(火) 20:53:42.89 ID:uQrZhkkr0● BE:969416932-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif
ニューヨークで活動するタトゥーアーティストであるクリス・バスキングさん(33歳)は、ピットブルのトンカとリトルPとともに暮らしていた。
今月初旬、アウトドアを愛するクリスさんは、トンカとリトルP、友人であるマークさんとともにコロラドへハイキングに出かけた。しかし、そんな一行を悲劇が待ち受けていた。

『PEOPLE』が報じるところによると、一行は食料も水もないまま道に迷ってしまったという。2日間さまよった後、クリスさんが水を求めて渓谷に降りようとしたところ、足を滑らせ滑落。

翌日、別行動をとっていたマークさんの救難信号によって救助隊が駆け付けたが、クリスさんはすでに死亡。トンカとリトルPはクリスさんの遺体に寄り添っていた。
その後、マークさんによって動物病院に運ばれたトンカとリトルP。リトルPには目立ったケガはなかったものの、トンカは足を骨折していたことが判明。リトルPは心身の傷を癒すように、トンカに寄り添い続けた。

トンカはリハビリを行う必要があり、リトルPもアゴの治療を行わなければならなかった。しかし、アメリカのペットの医療費は非常に高額。
亡きクリスさんの家族は葬儀費用にも困窮している状態で、このままでは2匹は傷を癒すこともできず、おまけに別々の新しい飼い主に引き取られることになってしまう。

24000ドルを超える支援が集まる

そんな危機的状況の中、力を貸したのが非営利のペット保護団体であるミスター・ボーンズ&Co。同団体はクラウドファンディングサイト『GoFundMe』で、2匹のための資金募集のキャンペーンを実施。
今月14日に開始したこのキャンペーンは、当初の目標である1万2000ドルを大きく上回る2万4000ドル以上の寄付が殺到している。

現在、トンカは足だけでなく、手首にもケガを負っていたが順調に回復。リトルPは手術の必要はなかったため、一時的に里親の家で暮らしているという。
2匹の存在は、亡きクリスさんの家族にとっても救いとなっている。天国のクリスさんも2匹が一緒に暮らせる日を心待ちにしていることだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200428-00010003-finders-bus_all

【ハイキング中の事故で主人を亡くして2週間過ぎました。】の続きを読む