小惑星

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2022/01/12(水) 17:30:55.14 ID:7rWmXzLhM
    (CNN) 幅約1キロと推定される小惑星が今月18日、地球に最接近する。米航空宇宙局(NASA)の地球近傍天体研究センターによると、地球から約190万キロの距離を時速約7万6000キロで通過する見通しだ。

    2: 風吹けば名無し 2022/01/12(水) 17:31:14.11 ID:7rWmXzLhM
    NASAによると、この小惑星は「7482(1994PC1)」の名称で知られ、1994年に発見された。

    7482(1994PC1)が地球に衝突すると予想する人はいないが、NASAの予測によると、今後200年で最も地球に接近する小惑星となる。地球近くを通過するのは米東部時間18日午後4時51分(日本時間19日午前6時51分)になるとみられている。

    地球のそばを通過した小惑星で過去最大のものとして知られているのは「3122フローレンス(1981ET3)」で、2017年9月1日に地球近くを通過したものの衝突することはなかった。この小惑星は幅4キロ〜8.8キロと推定され、57年9月2日にふたたび地球の近くを通過する。

    7482(1994PCI)が肉眼で見える可能性は低いが、ウェブサイト「EarthSky.com」によると、小型望遠鏡を持つアマチュア天文家なら発見できるはずだという。

    47: 風吹けば名無し 2022/01/12(水) 17:36:05.05 ID:JpQs630Fd
    >>2
    確か2017年のは直前まで気づかんかったんよな

    【【終焉】幅1キロの小惑星が時速7万6000キロで地球に最接近、地球滅亡へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 首都圏の虎 ★ 2020/04/29(水) 13:24:06.66 ID:xeWpLvfJ9
    (CNN) 直径2キロに近い巨大な小惑星が、29日に地球に最接近する。ただし地球への衝突は予想されていない。

    地球に接近しているのは、1998年に発見された小惑星「52768(1998OR2)」。米航空宇宙局(NASA)の地球近傍天体研究センターによると、米東部標準時の29日午前5時56分(日本時間同日午後6時56分)、地球から約630万キロの距離を、時速3万キロ以上の速度で通過する。この距離は、月と地球の距離の16倍に相当する。

    同センターは地球に衝突する可能性のある天体を観測しており、今回接近する小惑星については20年前から観察を続けていた。

    小惑星の様子はイタリアの仮想望遠鏡サイトで生中継される。

    NASAは今回の小惑星が最初に発見された時点で、もしも地球に衝突したとすれば、「世界的な影響を及ぼすほど大きい」と指摘していた。

    プエルトリコのアレシボ天文台がとらえたこの小惑星の姿は、まるで地球接近を認識してマスクを着けているようにも見える。

    1998OR2は直径が150メートルを超え、地球の800万キロ以内に接近することから、潜在的に危険な天体に分類されている。アレシボ天文台ではこの小惑星の観測を続けて今後の軌道を特定し、地球に危険を及ぼすことがないかどうかを見極める。

    同天文台の研究者は、「1998OR2は2079年、今年に比べて地球におよそ3.5倍近い距離を通過する。従って正確な軌道を把握することが大切だ」と話している。

    4/29(水) 13:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-35153127-cnn-int
    no title

    【【直径2キロ近い】巨大な小惑星が地球に最接近、望遠鏡でも観測可能】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 香味焙煎 ★ 2019/11/30(土) 10:31:14.33 ID:xkYM6KaG9
    かつて地上で繁栄した恐竜は6600万年前に突然、絶滅した。きっかけは小惑星の衝突だ。その痕跡がメキシコ湾の地下にあり、最近の地質調査から新たな事実が浮かび上がってきた。
    地層内の硫黄分が空中に舞い上がり、環境が激変した。太陽光が遮られて寒冷化した従来説に加え、長期の酸性雨説も説得力を増し、絶滅を招いたのではと議論されている。

    6600万年前、現在のユカタン半島北端部に直径10~15キロメートルの小…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52775530Z21C19A1MY1000/

    76: 名無しさん@1周年 2019/11/30(土) 12:14:56.84 ID:vK07v9Vk0
    >>1
    今でもここから硫黄酸化物が数万トン吹き出して居るらしい??
    えー??

    176: 名無しさん@1周年 2019/11/30(土) 13:35:55.99 ID:KfRgFwCF0
    >>1
    酸性雨で曇りが多くなって寒くなって死ぬってやつですか?

    210: 名無しさん@1周年 2019/11/30(土) 14:46:19.20 ID:odhOn7YoO
    >>1
    哺乳類はそもそも病原菌にめちゃくちゃ弱い生物だから
    一斉に攻撃的ウィルスで死滅なんていくらでもあっただろうに
    それだと証拠がなにも残らないから
    なのに考古学とか地質学屋はなにがなんでもおかしな説に
    取り付かれていくから恐ろしいのに

    237: 名無しさん@1周年 2019/11/30(土) 15:31:13.10 ID:TH1WmvGY0
    >>1
    西暦6600万2019年とかあるのかな

    【【地球】6600万年前の恐竜絶滅 酸性雨説有力に、小惑星衝突で 】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ